借金に追われ寝る間も惜しんで4か所で働いた私

46歳 女性 アルバイト 一人暮らし

私は、22歳の時に、総額で110万円の借金をしたことがありました。深夜のファミレスのアルバイトをしていまして、バスの時間が無いので車を買いました。それで車のローンが50万円と車の車検を分割にしてもらい、車の車検のローンが10万円ほどと、職場の方の付き合いで断り切れず美顔器を買いました。美顔器のローンが50万円ほどと総額で110万円の借金をしました。まだ22歳と若かったので分割にしたらどうにかなるかと考えが甘かったのです。その上、アパートを借りて一人暮らしをしていたので家賃が4万6千円と駐車場代が7千円くらいかかり、家賃が高いからと言って、引っ越しをしました。3万円台のアパートに引っ越しをして引っ越しの費用に約20万円かかりました。家計簿もつけずどうにかなるかと、家賃が安いアパートに引っ越せばどうにかなるかと本当に考えが甘かったのです。結局、実家に帰る羽目になってしまいました。若かったのです
私は22歳の頃、昼はペットショップで、夜は深夜のファミレスでアルバイトをしていました。深夜なのでバスの時間が無く車をローンで買いました。それからしばらくして、職場の方の付き合いで美顔器を買いました。車の車検を受け、それもローンにしてもらいました。 昼間のペットショップの仕事とファミレスのアルバイトとテレフォンアポインターのアルバイトとパーティーコンパニオンのアルバイトととにかく4か所でも働いて、寝る時間も惜しんで働き続けました。若かったからできたのです。
これまで、家計簿なんてつけたことのない私は、家計簿を買うお金を惜しんで大学ノートみ線を引いて毎月の支払いがどれくらいあるのか計算しました。その合計は5~6万円で本当に追い詰められるような気持ちはもう二度と嫌です。